発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

英語育児

英語育児、インター卒で失敗する親の例

投稿日:

新興インターが激増しています。

これにより、以前なら私立幼稚園しか選択肢がなかった日本人家庭が軽い考えでプリスクールに入れるようになりました。

ネイティブのような発音で英語を話す子を見て、親は舞い上がります。

子供は耳が良いので、どんな子でも話せるようになります。リスニングとスピーキングは出来て当たり前です。

しかし、 ライティングとリーディング力が低いことに多くの親が気づいていません。

スピーキングも所詮幼児レベルの会話であり、大事なのはアカデミックな語彙をどれだけ増やし、知的バイリンガルに育つかということなのですが、親は気づいていないのです。

そして、卒園後、小学校またはインターに上がる選択をします。

ここから、教育に失敗していく家庭のパターンを2つあげます。

1.英語ばかり伸ばす親

我が子は英語が できる のだから、英語をもっと伸ばせばよい。海外大学に行けたらいいな。

毎日英語メインにワークブックをたくさんやらせる。英検2級に低学年で合格し、我が子は英語がトップレベルよ!とさらに舞い上がる。

#もし思い当たる場合、我が子がリーディング高得点であったか、リスニングとライティングで稼いで合格したかを省みるとよいです。後者なら2級相当の実力がついていません。

国語、算数は少しやる程度。もしくは算数まで英語でやる家庭も。。

このパターンは、将来英語バカになる典型例です。中受しろとは言わないけど、公立教科書レベルの算数でよいわけがありません。ましてや英語で算数をするとは正気か?と思います。

日本の受験算数のレベルを知らないのか?笑

中学以降、中学受験をくぐり抜けてきた子達との理数頭の差を思い知るでしょう。

理数ができない、国語力もないので、あと伸びせず、中身を伴いません。日本人にもいますよね?日本語を話すけど、中身がない、仕事ができない人。要するにその英語バージョンです。海外大学にも行けなくなります。

親は早く気づいて軌道修正した方がよいです。

2.ブランド志向で、インターに行かせる家庭

最近増えているのが、教育プランを何も考えず、確固たる信念もなく、ブランド感覚でプリスクールからインター小学校にいく層です。

この種の家庭は富裕層なので、その資金力から余裕感があるのでしょう。

しかし、教育熱心ではないことが多いので、確固たる信念もなく、ほとんど家庭教育もしていません。高学歴ではない家庭が多いので、子の地頭も、、、です。

#高学歴富裕層は、初めからスイス、イギリスといった海外ボーディングスクールに入れています。

その結果、見えてくるのが、小学校4年頃からの転校です。

そう、インターに入れたはいいものの、英語も日本語も大して補強してこなかったので、小学校4年頃から我が子の学力のなさが目立つようになり、焦り、塾に入れたり、転校する家庭が激増します。だから、インターの低学年には日本人がわんさかいるのに、高学年になると日本人が少なくなるのです。

このパターンは最悪です。

小学校4年、5年になると勉強内容が高度になるので、公立小学校育ちでも小4の壁と言われるほど、つまづく子が増えます。

インター育ちのため、母語の確立が幼稚園、低学年レベルで止まっているので、その先の高度な思考ができないのです。

例 漢字が書けない、慣用句って何?レベル塾に入れたところで、所詮週に1-2回では、これまでの遅れを取り戻せません。

かといって、英語ができるかというと違い、ネイティブの平均よりはるかに下にとどまるので、

英語も中途半端、日本語も中途半端、ただインター育ちなので実力ないのに自信だけはある、日本人にバカにされる典型例です。

日本企業にも外資企業にも相手にされない、取り返しのつかない将来になります。

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする幼児教育リスト

1:平均IQ140のベビーパーク

家庭保育園と七田式の良いとこどりしたカリキュラム。
賢い子供を育てたい家庭がこぞって通っています。0歳ー3歳対象。
WEBからだと、通常のレッスンを無料体験可能です。
→詳細はこちら

2:3歳~8歳のキッズアカデミー

難関校中学受験を目指す家庭が多く通う。3歳以上対象。
WEBからだと無料体験可能です。
→詳細はこちら

3:月刊ポピー

無駄な付録が一切ないため、月980円〜と激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

4:スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

まずはこちらの記事をどうぞ

1

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

2

4歳年少の娘は第2回10月に英検5級を受験し、合格しました。 我が家が行った英検受験対策の方法をご紹介します。 英検5級に必要な準備 まず、英検5級受験の前に、子供が一定の英語力を持っているか確認が必 ...

no image 3

大分ブログをサボっていました。 バタバタしてました。 最近、年中5歳でスマイルゼミ1年生を始めました。 タブレット型学習オンラインレッスンのはしりで、ベネッセとスマイルゼミは2強ではないかと思います。 ...

no image 4

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

-英語育児

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2019 All Rights Reserved.