発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

石井式漢字教育

石井式漢字教育をフラッシュカードアプリで自作して試してみました

更新日:

娘は3歳すぎから石井式漢字教育「青い鳥クラブ」をしています。

→青い鳥クラブについての体験談はこちら

この青い鳥クラブでは、毎月13枚の漢字カードと絵本を使って、漢字で遊んでいきます。

1)漢字入りの絵本を読み聞かせる

2)漢字カードを使って遊ぶ

の2種類の方法を毎日10分程度行います。

いつも1)の読み聞かせはスムーズに進むのですが、2)の漢字カードにいたっては、時折遊びモードのほうが強くなってカードをバラバラに飛ばしたりすることがあるので、どうしようかと思っていました。

そこで、今回無料アプリを使ってフラッシュカードを自作して作ってみました。

無料で利用できるフラッシュカードアプリ

ちまたには、便利な世の中になったもので、無料で利用できるフラッシュカードアプリがあります。

・フラッシュカードメーカー
https://itunes.apple.com/jp/app/furasshukadomeka/id935541209?mt=8

・単語帳メーカー
http://app-liv.jp/1124195119/

上記の2種類のアプリを試してみましたが、単語帳メーカーのほうが使い易いと感じました。

アプリを使った、漢字フラッシュカードの作り方

自作できる漢字フラッシュカードは、以下の手順でつくりました。

1)漢字の文字に対応するイラストをネットで探しダウンロードする。

「学校 イラスト」などで検索すると、学校のフリーイラストがたくさんでてきます。
それをダウンロードしてスマホに保存します。

2)単語帳メーカーを開き、漢字とイラストデータを登録する。

「学校」という文字と、学校に対応するイラストをデータに登録します。

随時、登録したい漢字と対応するイラストをどんどん登録していきます。

3)スタートボタンを押し、フラッシュカードスタート!

以上で完了です。手順としてはとても簡単です。

ただ面倒なのは、イラストを探さないといけないことと、スマホで手作業で登録をしないといけない点。

パソコンでもできないことはないのですが、エクセルで対応する表を作らないといけず、少しややこしそうなので初心者には不向きです。(アプリのよくある質問に作り方が掲載されています。)

単語帳メーカーでフラッシュカードを作る際の注意点

この単語帳メーカーアプリでは、無料版では使える機能が制限されています。

カードの枚数も基本数のみ。(最初はこれで十分でしょう。)

また、自動でフラッシュカードをめくるようにはなっていません。
ですので、七田式のようなイメージでフラッシュカードはできません。自分でタップしてカードをめくる必要があります。めくる際にも、母親である私が自分で読み上げます。(一部アナログ。笑)

また、自動読み上げ機能や音声録音機能もありますが、これらは有料です。
有料といっても数百円なので、本気で欲しい方は購入してもよいかと思います。

何種類かデッキを作ることができるので、「石井式漢字1」「石井式漢字2」「小学校1年生の漢字」のようにシリーズでフラッシュカードを作ってみました。どれも1〜2分程度で終わる内容にしています。

我が家では、まだ作ったばかりなので、先日娘に試してみましたが、ちゃんと食いついてくれたようで一安心。

カードそのもので遊ぶより、スマホのほうが楽しんでしょうか・・
ああ、デジタルネイティブ世代って。

親としては複雑な気分です。(苦笑)

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする幼児教育リスト

1:平均IQ140のベビーパーク

家庭保育園と七田式の良いとこどりしたカリキュラム。
賢い子供を育てたい家庭がこぞって通っています。0歳ー3歳対象。
WEBからだと、通常のレッスンを無料体験可能です。
→詳細はこちら

2:3歳~8歳のキッズアカデミー

難関校中学受験を目指す家庭が多く通う。3歳以上対象。
WEBからだと無料体験可能です。
→詳細はこちら

3:月刊ポピー

無駄な付録が一切ないため、月980円〜と激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

4:スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

まずはこちらの記事をどうぞ

1

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

2

4歳年少の娘は第2回10月に英検5級を受験し、合格しました。 我が家が行った英検受験対策の方法をご紹介します。 英検5級に必要な準備 まず、英検5級受験の前に、子供が一定の英語力を持っているか確認が必 ...

no image 3

大分ブログをサボっていました。 バタバタしてました。 最近、年中5歳でスマイルゼミ1年生を始めました。 タブレット型学習オンラインレッスンのはしりで、ベネッセとスマイルゼミは2強ではないかと思います。 ...

no image 4

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

-石井式漢字教育
-, , ,

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2019 All Rights Reserved.