発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

英語育児

アマゾンechoを子ども英語教育に使う方法

更新日:

昨年、Amazon Echoが発売されましたが、使っている方はおられますか。

我が家は主人がいち早く購入し(新しいもの好きなので)、リビングの照明を自動でオンオフしたり、寝室とリビングのエアコンをオンオフしたりするのに使っています。

こう書くと、便利だけど別になくてもいいんじゃね?

なりそうなんですが、意外な使い道があるんです。

それが、子どもの英語教育です。

Alexaを英語モードで使う

Amazon Echoは、日本のアマゾンサイトで購入しても、日本語、英語モードを選択することができます。

アマゾンプライムの音楽を利用したい場合は、日本語で使用しないとダメですが、音楽を利用しないなら英語モードはいかがでしょうか。

アレクサ、エアコンをつけて

と日本語で言う代わりに、

Alexa, turn on heater.

と英語で言うとつけてくれます。
アレクサの返事も英語です。

こういうシンプルな応答を毎日繰り返すだけでも、ちょっとした英会話の練習になります。

Alexaのマジックドア

プリスクールやキンダーに通われている、英語漬けのお子さんには、 Alexaのマジックドアもおススメです。

Alexa,open the magic door.

と言うと、会話しながら進む、アレクサとの大冒険が始まります。

アレクサから会話中選択肢を提示され、どれを選択するかによって、冒険の内容が変わっていくのです。

Sesame Street

アレクサに “Open Sesame Street,”と話しかけると、セサミストリートのエルモが答えてくれます。

エルモと会話したり、Hide and Seek(かくれんぼ)で遊んだり。

マジックドアは少し怖いミステリーな面もありますが、セサミストリートは総じて小さい子供向け。

アレクサなかなか面白いですよ。娘もハマっています。^_^

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする幼児教育リスト

1:平均IQ140のベビーパーク

家庭保育園と七田式の良いとこどりしたカリキュラム。
賢い子供を育てたい家庭がこぞって通っています。0歳ー3歳対象。
WEBからだと、通常のレッスンを無料体験可能です。
→詳細はこちら

2:3歳~8歳のキッズアカデミー

難関校中学受験を目指す家庭が多く通う。3歳以上対象。
WEBからだと無料体験可能です。
→詳細はこちら

3:月刊ポピー

無駄な付録が一切ないため、月980円〜と激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

4:スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

まずはこちらの記事をどうぞ

1

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

2

4歳年少の娘は第2回10月に英検5級を受験し、合格しました。 我が家が行った英検受験対策の方法をご紹介します。 英検5級に必要な準備 まず、英検5級受験の前に、子供が一定の英語力を持っているか確認が必 ...

no image 3

大分ブログをサボっていました。 バタバタしてました。 最近、年中5歳でスマイルゼミ1年生を始めました。 タブレット型学習オンラインレッスンのはしりで、ベネッセとスマイルゼミは2強ではないかと思います。 ...

no image 4

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

-英語育児

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2019 All Rights Reserved.