発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

英語育児

わが子を知的バイリンガルに育てる方法を読んだ感想

更新日:

先日、「わが子を知的バイリンガルに育てる方法―6歳で英検3級、9歳で準1級合格のメソッド

」を読みました。

著者は関東で有名なLearning Treeという英語スクールを運営されている方で、プリスクール・キンダーから小学校のアフタースクールまであります。このスクール、ホームページも見てみましたが、食事は完全有機農法のもの、石鹸も無添加、放射能チェックはかかさないなどかなりのこだわりよう。近くにあれば検討したのになぁと思うほどでした。

単にインターナショナルスクールに通わせているだけではダメ

本には、「日本人が知的バイリンガルになるためにはどうすればよいか」が書かれており、「単にインターナショナルスクールに通わせているだけではダメだ」とあります。

私も同意見です。

娘が通っているゆるいプリスクールでは、(同じく通わせているママさんたちとそれほど突っ込んだ話をするわけではありませんが、)子供たちの会話力をみていると、家庭でガッツリ英語を勉強!勉強!しているところは非常に少ないように思います。

むしろ、託児所代わりにしていて、「ちょっと英語ができるようになったらオッケー♪ラッキー♪」と思っている親御さんの雰囲気も感じます。

外国人と英会話がそつなくできる程度でよい、というだけならOKでしょうが、海外進学レベル、トップ層と高度な会話をするためには、日本語も英語も高度に習得する必要があります。

その方法を探し、日々模索しているところですが、この本にはヒントが少し書かれてありました。

ポイントは、

・幼児期にインターナショナルスクールで1日英語漬けにする

・小学校以降はインターナショナルスクールもしくはアフタースクールに週5日通う

とあります。

この点は、同意です。しかし、お金がかかりますね・・。
普通のサラリーマンであれば、一人っ子でフルタイム共働きは必須、贅沢をしなければ、なんとか行かせられる感じでしょうか。

「学力の経済学」が語っていることと同様、親の経済状況次第で子供の学力が決定される事態が強固になっていきそうです。

親(特に母親)の子供の教育に対する「覚悟」を求められている気がしました。

幼児期は日本語より英語偏重にし、中学生以降から日本語偏重にする?

また、
「幼児期は日本語より英語偏重にし、中学生以降から日本語偏重にする」とも書かれていました。

この点に関しては、「ん?」と引っ掛かりを感じました。

我が家では、日本語も重視しており、絵本の読み聞かせを積極的に行ってきました。
娘は2歳代でひらがなマスター、3歳で絵本の文をスラスラ読み、簡単な漢字もいくつか読みます。

しかし、この本によると幼児期はむしろ1日中英語漬けにしてもいいくらいで、日本語は小学校高学年から追いつくからよい、と書かれていました。

私は「高度な英語を話すには、高度な日本語を構築しておく必要がある」との考え方なのですが、この本では母国語である日本語は会話だけでも十分で、後から(小学校高学年以降)高度な日本語を習得できるから、初期に英語を重視して学んだ方がいい、というのです。

うーん・・セミリンガルになるおそれがあるから、日本語よりもまず英語を重視しろということですね。

このあたり、いろいろな考え方があるかと思いますが、実際に高度なレベルでマルチリンガル、海外進学を目指している、日本人・日本在住家庭の方にお聞きしてみたいです。

→わが子を知的バイリンガルに育てる方法―6歳で英検3級、9歳で準1級合格のメソッド

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする幼児教育リスト

1:平均IQ140のベビーパーク

家庭保育園と七田式の良いとこどりしたカリキュラム。
賢い子供を育てたい家庭がこぞって通っています。0歳ー3歳対象。
WEBからだと、通常のレッスンを無料体験可能です。
→詳細はこちら

2:3歳~8歳のキッズアカデミー

難関校中学受験を目指す家庭が多く通う。3歳以上対象。
WEBからだと無料体験可能です。
→詳細はこちら

3:月刊ポピー

無駄な付録が一切ないため、月980円〜と激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

4:スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

まずはこちらの記事をどうぞ

1

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

2

4歳年少の娘は第2回10月に英検5級を受験し、合格しました。 我が家が行った英検受験対策の方法をご紹介します。 英検5級に必要な準備 まず、英検5級受験の前に、子供が一定の英語力を持っているか確認が必 ...

no image 3

大分ブログをサボっていました。 バタバタしてました。 最近、年中5歳でスマイルゼミ1年生を始めました。 タブレット型学習オンラインレッスンのはしりで、ベネッセとスマイルゼミは2強ではないかと思います。 ...

no image 4

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

-英語育児
-,

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2019 All Rights Reserved.