英語育児

英語維持といえるほどプリスクール卒は英語力はない

投稿日:

子供をインターナショナルスクール(プリスクール卒)に通わせていたり、幼児期に海外に駐在していた帰国子女を持つ親御さんがよく言う言葉。

それは、「小学校以後の英語維持をどうしよう」という悩みの言葉。

「英語維持」と言いますが、普通のプリスクール卒や幼児期の海外体験程度では、英語維持と言えるほど英語力はありません!!

英語維持というなら、せめてCEFRてB1-B2(英検2級上級ー英検準1級)はないと。

CEFR A2やA1の時点で「英語維持」というのはオカシイです。むしろこれから英語を伸ばしていかないといけない段階なのに 笑

英語維持という言葉が目標を低くさせる

英語維持という言葉自体が、それ以後の目標を低くさせてしまいます。

「英語をどう伸ばしていくか」に焦点をあてたほうがよいです。

また、普通にプリスクール(キンダー)に通わせているだけでは、圧倒的にインプットが足りません!

幼児英語はどんな子でも誰でも聞けて話せるようになりますが、所詮幼児英会話ができるだけです。
どんな子でも幼児レベルの日本語ができるようになるのと同じです。

それをペラペラと英語を話しているからといって、親が舞い上がって「他の子より英語を話している」と勘違いしてしまうから、逆に英語が伸びなくなり、小学校にあがって英語を急速に忘れてしまうのです。

プリスクールに通わせていても、親が舞い上がることなく、淡々とインプットを進めなければなりません。

通わせていないなら、なおさら大量のインプットを。

一つはパルキッズなどを利用した音のインプット。
(効率性、習得すべき語彙の漏れがない点からパルキッズを推奨していますが、完璧に準備ことができる親御さんなら他の音源でも可能です。非常に膨大で大変な作業ですが。)

もう一つはフォニックスからのリーディングです。

その基本ができてから、アカデミックな「英語で学ぶ」世界のスタート地点に立てるのです。
(あくまで、スタート地点。)

日本人の子供と比べても意味がないのです。日本人は世界最下位レベルの英語ができない国なので。

「中学受験に有利だから」「英検準1級をとっておくと大学受験で有利だから」

ナイナイ。そんなわけありません!

比べるなら、ネイティブの子と比べましょう。

百歩譲っても中国の子たちと比べてみてください。かの国は英語教育が凄まじく進んでいますよ。

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする通信教育リスト

月刊ポピー

無駄な付録が一切ない、激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→スマイルゼミ(幼児)

→スマイルゼミ(小学生)

スタディサプリ

小4〜高3までの授業を見放題。
どんどん先取りしたい家庭に。
我が家も利用中です。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

まずはこちらの記事をどうぞ

no image 1

日本はオワコン・オワコンと言われていても、子育てしていて実感がない方が多いかもしれません。 「公立は不安。だから私立中高一貫校がいいよね」と安易に塾通いしていないでしょうか。 幼児を持つ方なら、「英語 ...

2

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

no image 3

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

no image 4

中国語の子ども向けオンラインレッスンを探している方へ。 娘がしているのは、アメリカネイティブの子どもが行っている、マンダリンレッスンです。日本人にはほとんど知られていません。 ラズキッズ のような電子 ...

-英語育児
-

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2021 All Rights Reserved.