英語育児

プリスクール卒後の英語力キープは難しくない。

更新日:

プレスクール卒業後に英語力のキープをどうするか悩んでいる声をよく聞きます。(キープといえるほど英語力が高いわけではないのですが)

小学校に上がり、急速に英語力が落ちてしまう子供と、英語力が伸び続ける子供の違いは何なのでしょうか。

それは、5歳、6歳時点でのリーディング力です。これにつきます。

今、未就学児の親御さんは、幼稚園をインターにさえ入れさえすれば、英語ができるようになると思っているかもしれません。しかし、それは間違いです。多くの親御さんは英語力をキープしたいと言いますが、その英語力自体が低ければキープどころではありません。

英語環境にいれば子供はだれでも聞けて話せるようになります。しかし、リーディング力ライティング力は異なります。どれだけ本を読んだか、読解力を積んだかに起因します。

3歳から6歳の間で差が開きやすいのは、家庭でどれだけ洋書を読んだかという点です。2歳3歳の頃から、文字やフォニックスに触れ、簡単な英語の絵本を読めるようにし、6歳時点では自立した読者になっていることが、小学校以降の英語力伸びに関係します。

一度自立した読者になってしまえば、その後は適切な本を親が与えるだけで、どんどん自立した学習者になっていきます。

今は、インターネットで海外のあらゆる英語の学習サイトを利用することができます。公立小学校に通っていても、洋書と海外のツールを利用することで、海外在住の子と同等の英語で学ぶ環境を整えのえることができます。

これを実現するかどうかは、親のマインドセットのみです。

英語力の最終目標は何なのか。大学は何を目標としているのか。

将来、日本人としてどう生きていってほしいのか。

日本の置かれた環境を理解しているか。

そのために必要な、今を生きる子供たちの取得すべきスキルは何なのか。逆算して考えれば、わかるはずです。

多読ができる環境を整えること。そのレベルまで卒園時点で持っていくこと。

英語で学ぶオンライン環境を整えてあげること。

親のマインドセット。

プリスクールは、英語力をつける魔法のツールではなく、ただのスタート地点なのだと知ってください。

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする通信教育リスト

月刊ポピー

無駄な付録が一切ない、激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→スマイルゼミ(幼児)

→スマイルゼミ(小学生)

スタディサプリ

小4〜高3までの授業を見放題。
どんどん先取りしたい家庭に。
我が家も利用中です。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

まずはこちらの記事をどうぞ

no image 1

日本はオワコン・オワコンと言われていても、子育てしていて実感がない方が多いかもしれません。 「公立は不安。だから私立中高一貫校がいいよね」と安易に塾通いしていないでしょうか。 幼児を持つ方なら、「英語 ...

2

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

no image 3

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

no image 4

中国語の子ども向けオンラインレッスンを探している方へ。 娘がしているのは、アメリカネイティブの子どもが行っている、マンダリンレッスンです。日本人にはほとんど知られていません。 ラズキッズ のような電子 ...

-英語育児

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2021 All Rights Reserved.