教育方針

プロフィール

更新日:

はじめまして。Kママです。

東京在住、フルタイム共働き家庭です。

おうち英語&家庭学習をしつつ、キンダー卒→小学校受験→ゆったり系私立小学校(英語系ではない)に通っています。

小学校をインターにしなかった理由はこちらに書いています。

何がなんでも絶対海外というわけではないのですが、もし子どもが自分の好きな分野を突き詰めたい!と思った時に、英語ができなくて仕方なく日本の大学へ・・ではなく、世界中の大学のなかから好きなところを選べるような環境を作ってあげたいとの理由から、海外進学を視野にいれています。

従来は、中学受験→中高一貫校の進学校→国立大医学部or私立難関大で大手就職 が王道のコースだと思いますが、ここ数年、特にセンター試験廃止が決定されてからは世間の動向が変わってきています。

特に、トップ校では東大を蹴って海外大に行く子が徐々に増えてきていますよね。

しかし、桜蔭や筑駒、開成、麻布にいれれば安泰!
医者にさせればすべて安泰とは全く思いません。

海外トップ大学に行くのが全て!とも思いません。
英語がちょっとできる子の親が「うちの子、もしかしてハーバードいけるかも?」と勘違いするように、東大を目指すミーハー感覚と何ら変わりがないからです。

海外を目指すとなると、偏差値重視の教育では無理で、様々な分野に興味を持ち、人間性豊かに育まなければいけないです。
日本より海外のほうがはるかに教育ママが多く、しかもその早期教育っぷりが桁外れでものすごい。

では、純ジャパの親が、何から手をつけていいのやら・・

*日本人としてのアイデンティティをつけさせたい(早期留学はしない)
*中学受験はさせたくない
*しかし、基礎力・応用力は確実につけさせたい
*おうち英語だけにこだわらない(英語だけできても意味がない)
*英語バカ(理系はからきし)にはさせたくない
*英語以外の言語にも挑戦(マルチリンガル)
*スポーツ、芸術系も重視
*コミュ力、表現力、自分で考える力、自立力重視
*イノベーターになってほしい(システムを使う側ではなく、作る側に)

というのが我が家の方針です。たぶん、今は少数派だと思います。

2020年追記:この記事を書いた時から3年半。同じような考えの家庭が増えてきた印象です。教育系雑誌やメディアの影響でしょうね。数年-10年後には多数派になっているのかも・・?)

同様に海外目指している方、そうでない方もゆるーくみていっていただければ幸いです。
(教育ママ批判の方はご遠慮ください。)

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする通信教育リスト

月刊ポピー

無駄な付録が一切ない、月980円〜と激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→スマイルゼミ(幼児)

→スマイルゼミ(小学生)

スタディサプリ

小4〜高3までの授業を見放題。
どんどん先取りしたい家庭に。
我が家も利用中です。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

まずはこちらの記事をどうぞ

no image 1

日本はオワコン・オワコンと言われていても、子育てしていて実感がない方が多いかもしれません。 「公立は不安。だから私立中高一貫校がいいよね」と安易に塾通いしていないでしょうか。 幼児を持つ方なら、「英語 ...

2

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

no image 3

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

-教育方針
-, ,

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2020 All Rights Reserved.