英語育児

ラズキッズをAA→Z2まで全部終了した話(小3)

更新日:

気がついたらもう1月中旬!

小3でゆるゆる続けていたラズキッズをZ2まで終了したのでその話をします。

3歳頃からラズキッズを始める

ラズキッズを始めたのは、確か3歳頃です。当時プリスクールに入れていて、キンダーの子達が園の宿題としてラズキッズをしていたので、こんな便利なものがあるのか〜と知り、始めました。

ラズキッズは個人利用だと年1万位以上しますが、共同利用なら年2000円程度で利用できます。共同利用グループを見つけて始めることにしたのです。

とても簡単なレベルから始められる

おうち英語をしている方ならもうご存知だと思いますが、ラズキッズは400冊以上の本がネイティブ音声で読み上げられます。全ての本がレベル分けされており、読みはじめの幼児から、ネイティブ小学5年生レベルまで揃っています。

娘が始めたときは、A〜Cあたりでした。2-3語文くらいのとても簡単な文です。読むスピードもとてもゆっくり。

ラズキッズのメリット

1.ネイティブ音声が読み上げてくれる

ラズキッズのメリットは、英語を話せない親にとって、ネイティブ音声が読み上げてくれること。しかも、読み上げタイミングに合わせて単語にハイライトがつくので、今どこを読んでいるか子どもがわかるようになっています。

2.理解度クイズで読解力を測れる

ラズキッズは一つの記事に読み上げ→黙読→理解度クイズがついています。

理解度クイズがついているので、本の内容をちゃんと理解しているか読解力を測れるようになっています。

特に、レベルが上がってくると、理解していないのに音読して読んだ気になってしまう子どもがいるので、読解力がついているかチェックする意味でもおすすめです。

3.ノンフィクション要素が多い

レベルが低めの頃は、子供が親しめるように楽しいキャラクターがでてくるフィクションが多めです。

しかし、レベルが上がるにつれて、サイエンスや歴史、伝記などのノンフィクションの話ばかりになります。

読むことが知識のインプットになっていきます。紙の洋書多読もよいのですが、どうしても子供が読むのは面白いフィクションストーリーに偏りがちですよね。

ラズキッズでゆるゆるとでもノンフィクションに触れているだけで、普段出会わない単語や知識に出会えるのでおすすめです。

4.ポイント制度で読む気になる

記事を読んだりクイズに正解すると、ラズキッズのポイントがもらえます。ポイントを貯めると、アバターの着せ替えができたり、実際に恵まれない地域への水の寄付ができたりします。

ちょっとしたモチベーションになります。

ラズキッズのデメリット

ラズキッズにも私が感じるデメリットをお話しします。

1.読み上げスピードが遅い

最初は読み上げスピードが遅いといいですが、子供が英語を読めるようになってくると、読み上げが遅く感じるようになってきます。

時には遅すぎると子供がイライラして飛ばしてしまうことも...

2.退屈な話が多め

最近はORCなど読み上げありのオンラインリーダーサービスが増えました。パルキッズのアイキャンリードもありますよね。

これらに比べると、ラズキッズは退屈な話が多めと感じます。特に最初のA-Eあたりです。

P-S以降になれば、割り切ってサイエンスの話を読むことができるようになりますが、小さい幼児さんにとっては、楽しい話 でないて嫌がることがあります。そこは無理させないであげた方が良いでしょう。

Z2まで読んだ効果は?

娘は小3でZ2まで読みました。正直なところ、紙の洋書やニュースでZ2以上のレベルを読んでいるので、英語力がラズキッズによって凄く上がった!とは感じにくいです。ゆるゆる読んでいましたし。

しかし、普段読まないジャンルの話を読んできたので、様々な知識をインプットする という意味でとても良かったと思います。

ラズプラスや他のオプションは必要?

ラズキッズには、ラズプラスという2000冊まで読める本が増えるコースや、ヘッドスプラウトというフォニックスレッスン、サイエンスオプションなどもあります。

そのどれも我が家は試したことがありますが、うちには全く不要でした。

理由は、ヘッドスプラウトはインターフェースがいまいちで、今ならカーンキッズなどいくらでも楽しい無料アプリがあること、プリスクール通園者には不要なこと。

ラズプラスやサイエンスも、もともと退屈な内容な上、タブレットなため読みすぎは目に悪いこと、紙の洋書の方が圧倒的に子供の食いつきがよく、どんどんレベルをあげて多読をしていけることなどです。

ラズキッズシリーズだけをメインに置くのはやめておいた方がよいでしょう。読む量が少なすぎますし、たくさん読もうとすれば目に悪いです。

あくまで最初の自力読みサポーターとして利用し、紙の洋書を読めるようになってきたら、サブとして週に数冊読んでいけば十分かと。

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

おうち英語ノウハウはもちろん、日本語英語ともにハイレベルに伸ばし、思考力がある「賢い子」を育てるための家庭での取り組み、日英高度バイリンガルにする小学生以降のアカデミックな伸ばし方等を書いたedu-mama特製PDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

<edu-mama特製PDF内容(46ページ 約30000字)>
・おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法
・年齢別未就学児時代の取り組み
・最小限の労力でいけるおすすめの動画、知育おもちゃ、ドリル、教材
・プリスクール・おうち英語のみ・小学校受験・中学受験・公立中→高受別の
 おうち英語の取り組み
・プリスクールを選ぶポイント
・日本語・英語ともにハイレベルな高度バイリンガルを育成するための
 小学生以降のアカデミックな伸ばし方
・英語偏重っ子・インター生注意!日本語を高度に伸ばす取り組み法
・英検準1を楽勝にとれる、読むべき英語洋書リスト
・オンライン英語クラスの取り方と使いこなし法
・おうち英語っ子のための英検対策
・おうち英語っ子が陥りがちな「語彙の少なさ」を防ぐ vocabularyトレーニング
・おうち英語っ子が誰もできていない、アカデミックライティング力の伸ばし方
・日本で受講できる、海外オンラインスクール情報
・海外オンラインクラス(習い事から塾まで)の情報
・オンラインチューター(無料・有料)リスト

・99%のおうち英語家庭が知らない 英語で学ぶ!科目別お役立ち海外サイト
・教材リスト
  

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする通信教育リスト

月刊ポピー

無駄な付録が一切ない、激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→スマイルゼミ(幼児)

→スマイルゼミ(小学生)

スタディサプリ

小4〜高3までの授業を見放題。
どんどん先取りしたい家庭に。
我が家も利用中です。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

まずはこちらの記事をどうぞ

no image 1

日本はオワコン・オワコンと言われていても、子育てしていて実感がない方が多いかもしれません。 「公立は不安。だから私立中高一貫校がいいよね」と安易に塾通いしていないでしょうか。 幼児を持つ方なら、「英語 ...

2

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

no image 3

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

no image 4

中国語の子ども向けオンラインレッスンを探している方へ。 娘がしているのは、アメリカネイティブの子どもが行っている、マンダリンレッスンです。日本人にはほとんど知られていません。 ラズキッズ のような電子 ...

-英語育児

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2023 All Rights Reserved.