発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

英語育児

3歳半パルキッズキンダーから始めました(口コミ)

更新日:

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。

かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。
我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。

おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由

もともと、幼児期に英語通信教育を始めるなら、英語教室でもDWEでもなくパルキッズと決めていました。

幼児英語界にはディズニー英語教材やWKE、チャレンジイングリッシュなどが有名ですが、高額すぎます。

おうち英語で必要なのは、大量のインプットです。その理論は船津先生がさんざんパルキッズ通信で書かれています。

はっきりいってパルキッズだけで十分です。

他のは高すぎるし、DVDの遊び要素が強い。DWEのカード内職をせっせとしたところで、子供がカードを毎日使うとも限らない。
結局、親の苦労が多すぎて、ほとんどの方が継続できず挫折してしまうのです。

また、DWEを頑張って毎日継続されても、DWEの優秀児たちは小学生高学年で英検2級程度しかないのです。
発音はキレイでも、アカデミックな単語を話せたり、ネイティブと同じ高度な本を読めるようにはなりません。(それには家庭での別の努力が必要です)

その点、パルキッズならスマホやipodで音声を毎日90分小さな音量で掛け流ししておくだけです。BGMとして流しておくだけで、他の知育遊びをしていても全く問題がないのです。ネイティブが赤ちゃんに1日に話しかける時間を合計すると、90分ということがわかっています。
ですので、90分の掛け流し=ネイティブ家庭で話されている日常英語をインプットする時間なわけです。

それで耳からの大量インプットができるのならば、なんと楽だと思いませんか?

そして、10年以上前にパルキッズで幼児期を過ごした子達が大学生以上になっており、小学生、中学生で準1、1級とちゃんと素晴らしい結果がでています。

DWEなら高額な金額をかけて「少し英語が話せる」程度にはなるかもしれないけれど、目指すレベルが英検1級、準1級を超えるなら、パルキッズのほうが最適です。何よりDWEより安いのです!

パルキッズプリスクーラーをとばして、パルキッズキンダーから始めた理由

screen-shot-2015-08-28-at-17-25-19-291x300

3歳半の娘がパルキッズを始めるにあたって、プリスクーラーかキンダーか迷ったのですが、2歳0ヶ月からプリに通っているので、単語力はかなりついていました。(家庭でも補強していたので)

なので、プリスクーラーから始めると、ほとんど知っている単語が多い状態。
かといって、キンダーだとちょっとお姉さんな内容かな?というところもでてくる。

ウーンどうしよう・・

しかし、プリスクーラーもキンダーも2年カリキュラムなので、今から始めると終わるのが年中の真ん中くらい。
その頃にまだプリスクーラーをやってるのは、(インター生の中では)ちょっと遅いんじゃない?

などなどモヤモヤ。

結局、モヤモヤを払拭すべく、パルキッズキンダーから始めることにしました。

これが正解。

ちょうど良いレベルで、適度な難しさのためかオンラインレッスン時も娘が食いついてくれます。

I can READも購入してよかった

パルキッズキンダーを購入当時、ICR(I can Read)も併用して購入するかどうか悩みました。

なにせ、共働きなので帰宅時間が遅く、それからかけ流し90分→ICR20分→オンラインレッスンをする時間がとれるかわからなかったからです。英語以外にもやらないといけない知育はたくさんあります。

それに、すでにRaz-kidsに取り組んでおり、リーディングはラズキッズでいいのではないか・・という気もしていました。

3歳半でラズキッズではCレベルをしていますが、ICRと比べると、ICRの内容がかなり優しいです。(ラズキッズのAAかAくらい)

でもまぁ、口コミでICRの評判がかなり良いし、ひとつやってみるかという気になり、清水から飛び降りる覚悟で(笑)購入。

・・結果、買ってよかったです^^

娘は、ICRのほうが簡単なのでかけ流しをまだほとんどしていない状態でも、スラスラ読んでいます。
何日か続けていると、オンラインレッスンの声とほぼ同時に読んで楽しんでいます。

ラズキッズでは、自分のレベルよりやや難しいことに挑戦しているので、嫌がることもしばしば。

今の所、ICRをとても楽しんで取り組んでいます。
自分で「簡単に」読めるという経験が、自信につながるのですね。^^

追記:パルキッズを続けた5歳の現在

我が家は2歳からプリスクール(インターナショナルスクール)に通っています。

3歳半からパルキッズキンダーを続けて、4歳前半にはICR以上の簡単な本を自分で読めるようになりました。

その結果、年少4歳で英検5級、4級に合格しました。

その後チャプター本(絵がほとんどない本)を読めるようになり、一発で英検3級、年中秋に英検準2級に合格しました。

インターでもパルキッズを続けてきたおかげで、インター内でもトップクラスの英語力になっています。

パルキッズおうち英語でインター並みの英語力をつける方法

パルキッズは、かけ流しによる大量のインプットとオンラインレッスンがついている、最強の教材です。

かけ流し音声の内容は、ネイティブ家庭の日常会話です。方法はBGMとして1日90分かけ流すだけです。
これには理由があり、赤ちゃんは毎日親から母国語で語りかけられていますよね。その語りかけ時間を計算すると、1日90分ということがわかっています。

つまり、わざわざ下手な英語で語りかけしなくても、1日90分をかけ流すだけで、ネイティブ家庭と同じインプットを行うことができるのです。

かけ流し時には集中して聞く必要はなく、ただBGMとして小さな音量でながしておくだけでOKです。
赤ちゃんが遊びながらで全く構いません。自然に耳にインプットされていきます。

DWEやWKKは不要です。パルキッズと多読のみでインターにいかずとも高度な英語力を身につけられます。

パルキッズの開始は早ければ早いほどベスト

開始年齢は早ければ早いほどよいです。0歳児がもっともベストです。

0歳からかけ流しを始めれば、日本語を話し出す3、4歳頃には、英語も同じように話し出します。

3歳4歳からかけ流しを開始する家庭もありますが、みなさん10ヶ月くらいたって「まだ話せない」「読めない」と焦りはじめます。

でも、これは当然の結果です。かけ流しをはじめて10ヶ月なのですから、たとえ3歳4歳でも10ヶ月の赤ちゃんと同じなのです。
大量のインプット時期が必要なので、文章で流暢に発話がでてくるにはかけ流し年月が2−3年はかかります。

3歳4歳で日本語を流暢に話せるようになってきたからといって、英語の発話をあせってはいけません。そこをみなさん勘違いされて焦られます。

インターは1日5時間以上英語漬けになりますので、インター通いの方は途中から開始されても大丈夫ですが、インターに通う予定がない家庭の場合、早くから開始することをおすすめします。

パルキッズを検討されている方へ

パルキッズは公式サイトからのみ定価で販売されています。

当方は通常会員とは別の特別会員になっています。
特別会員紹介で申し込むと特別割引価格にて購入が可能です。

また、私経由で2019年11月以降にパルキッズプリスクーラーまたはパルキッズキンダーをご購入された方には「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)をプレゼントいたします。

インターに行かない・中学受験するかも?・お受験考えている・兄弟がいる・・・など様々なケースがおありかと思いますが、どの時期に何をすべきか、どんな本・ワークブックを使えばよいか、具体的な書名・ノウハウをブログでは言えないことも合わせてお伝えします。

ご興味おありの方はお気軽にお問い合わせください。価格表と割引適用での購入方法をお知らせいたします。

→お問い合わせはこちら

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする幼児教育リスト

1:平均IQ140のベビーパーク

家庭保育園と七田式の良いとこどりしたカリキュラム。
賢い子供を育てたい家庭がこぞって通っています。0歳ー3歳対象。
WEBからだと、通常のレッスンを無料体験可能です。
→詳細はこちら

2:3歳~8歳のキッズアカデミー

難関校中学受験を目指す家庭が多く通う。3歳以上対象。
WEBからだと無料体験可能です。
→詳細はこちら

3:月刊ポピー

無駄な付録が一切ないため、月980円〜と激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

4:スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

まずはこちらの記事をどうぞ

1

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

2

4歳年少の娘は第2回10月に英検5級を受験し、合格しました。 我が家が行った英検受験対策の方法をご紹介します。 英検5級に必要な準備 まず、英検5級受験の前に、子供が一定の英語力を持っているか確認が必 ...

no image 3

大分ブログをサボっていました。 バタバタしてました。 最近、年中5歳でスマイルゼミ1年生を始めました。 タブレット型学習オンラインレッスンのはしりで、ベネッセとスマイルゼミは2強ではないかと思います。 ...

no image 4

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

-英語育児
-, ,

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2019 All Rights Reserved.