英語育児

多読のみでは語彙習得に限界がある

投稿日:

おうち英語に必須となってきた多読。

そろそろ世の中で多読ブームが出てきてもいいんじゃないかな?と思っている今日この頃です。

メディアや教育雑誌で「おうち英語」「多読」をもっと取り上げれば、DWEしか知らない層が「へーうちも多読やってみよう!」とその気になり、日本人の英語力がもっとマシになるのではないかと思うのです。

あとは、全国の図書館に洋書ラインナップを激増させることと併せて。

多読だけでは語彙力は増えない

さて、おうち英語家庭の中では多読は当然となっていますが(パルキッズは耳からのインプット教材として幼児期に併用が前提)、「多読をしていれば語彙力があがる」という思い込み。

それは残念ながら・・誤りです。

多読である程度までは語彙力が伸びますが、アカデミックな語彙は増えません。

特に、フィクションばかり好んで読む子は伸びにくいです。

多読メインでおうち英語をしてきた子の弱点になっています。

アカデミックな語彙力を伸ばすには?

アカデミックな語彙力を伸ばすには、直接的な語彙力習得が必要です。

将来海外大学を目指すなら、必須です。

もし日本の大学を目指す場合でも、今の中高生なら「英検準1級取得は凄い」と言われるでしょうが、現在の小学生が中高生になる頃には、「英検準1級?フツーだよね。むしろ遅くない?」と言われる時代がもうそこまできています。

小学生で入塾までに英検2級は珍しくないですし、都心ではゴロゴロいますので、むしろ持っていないとマズイと思わせられる時代です。

例えば、

スペリングテスト
ネイティブ向けボキャブラリーワークブック
フラッシュカード・ボキャブラリーカード
語彙暗記アプリ
分野別ディクショナリー

インターに行けば、これらの語彙習得は学校でしてくれるのでしょうが(多分)、日本の学校に通っている場合は家庭で取り組みをするしかありません。

我が家はインターではなく私立小に通わせているので、上記の取り組みを追加して行っています。

低学年から四字熟語・慣用句に触れさせるような感覚です。なんとなく。

プリスクール卒業・パルキッズ卒業後は、ぜひアカデミックな語彙習得も視野にいれて取り組みをおすすめします。

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする通信教育リスト

月刊ポピー

無駄な付録が一切ない、月980円〜と激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→スマイルゼミ(幼児)

→スマイルゼミ(小学生)

スタディサプリ

小4〜高3までの授業を見放題。
どんどん先取りしたい家庭に。
我が家も利用中です。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

まずはこちらの記事をどうぞ

no image 1

日本はオワコン・オワコンと言われていても、子育てしていて実感がない方が多いかもしれません。 「公立は不安。だから私立中高一貫校がいいよね」と安易に塾通いしていないでしょうか。 幼児を持つ方なら、「英語 ...

2

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

3

4歳年少の娘は第2回10月に英検5級を受験し、合格しました。 我が家が行った英検受験対策の方法をご紹介します。 英検5級に必要な準備 まず、英検5級受験の前に、子供が一定の英語力を持っているか確認が必 ...

no image 4

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

-英語育児

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2020 All Rights Reserved.