発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

教育方針

インターに入園 卒園後どうするか問題

更新日:

娘は先日、インターナショナルスクールのキンダーガーデンに入園しました。

もともと通っていたプリスクールから、キンダーガーデンに入園です。

インターでは英語と日本語の授業が両方あります。
英語はわりとゆるめなインターですが、日本語の授業は結構宿題が多いです。
バリバリお勉強幼稚園とのびのび幼稚園の間くらいでしょうか。

私立補助金もないインターは、授業料が高いですので(月謝10万は軽く超えます)、入園してくるご家庭はみなさん医師夫婦、一流企業のフル共働き夫婦などの高学歴な方や、自営業で成功している方が多いです。

さらに、地域的に都心に近く、教育熱心なエリアなため、私立小学校のお受験を考えているママがスタンダードです。

インター卒園後、小学校はどうするか問題

インターナショナルスクールに通っていると、必ずといっていわれるのが
「卒園後はどうするの?」
「小学校は公立?」
「小学校になったら、どうせ英語をすぐ忘れるから、意味ないわよ」
「英語も日本語も中途半端のセミリンガルになるわよ」

というおせっかい&やっかみが入った心配のコメントです。

なんとなくプリスクールにいれておられる家庭も少なくはないですが、大方高学歴な家庭は「計画的に」プリスクールを選択し、卒園後の進路も真剣に考えておられます。

日常の家庭教育も、真剣に、しっかりされておられます。(遊び・体験ももちろんとりいれる)
のびのび幼稚園に通い家庭でテレビ見せっぱなしのような子供より、はるかに日本語も英語も学力が高く育っていると感じます。両親のDNAが良く、地頭が良い上に、さらに良質な教育をするのですから当然です。

そして、数年前とは明らかにお受験業界での家庭動向が変わってきていると感じます。

というのは、今までは、「お勉強幼稚園を受験→名門幼稚園に通いつつ、お受験塾とくもん、各種習い事に通う→小学校お受験→中学受験」というコースが通用しなくなってきているからです。

最近の動向は、

「1歳、2歳から英語プリスクールに通う→インター幼稚園に入園→お受験塾に通う→私立国立小学校受験→自宅や英語学童で英語学習を続け、小学校低学年で英検2級を取得→大きな英語のアドバンテージを持って、高学年からは中学受験の勉強に専念」というコースが出来上がってきているように感じます。

よく、大人から勉強して英語を話す方がいわれるのは、「中学・高校からで英語の勉強は十分事足りる」という意見。

しかし、それは本当にそうですかと問いたい。

その英語レベルは、単なる日常英会話レベルをもって「英語が話せる」といっているのではと。

私は、英語力があるというのは、海外の大学専門過程で教授や学生と対等に英語で知的な会話・議論ができるレベルだと解釈しています。知的な英語エッセイがかけるレベル。
それが、日本の中学高校から英語を学び始めて到達できるとは到底思えません。幼児期から始めないと意味がないのです。

そして、いま0歳1歳から英語を始めようとしている親に向かって、(自分がそうではなかったからor我が子にそうさせてやれなかったから)やっかみで「そんなことしなくていいのよー」と嫉妬心から言わせているのではと勘ぐってしまいます。

幼児期から英語を始めると混乱するという意見も、そんなに英語を学ばせたくないのかと勘ぐってしまいます。
(海外ではマルチリンガルが普通で、幼児期に多言語を学んでも脳に支障を起こしていません。むしろ、バイリンガル脳のほうが、知的発達しているという研究結果もあります)

日本語重視で従来の幼稚園がいい!という方は人それぞれ考え方があり自由なのでそうされればよいと思います。

英語も&学力も&人間力も(海外大へ)というのであれば、幼児期はプリスクール→インターが正解ではないかと思います。

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする幼児教育リスト

1:平均IQ140のベビーパーク

家庭保育園と七田式の良いとこどりしたカリキュラム。
賢い子供を育てたい家庭がこぞって通っています。0歳ー3歳対象。
WEBからだと、通常のレッスンを無料体験可能です。
→詳細はこちら

2:3歳~8歳のキッズアカデミー

難関校中学受験を目指す家庭が多く通う。3歳以上対象。
WEBからだと無料体験可能です。
→詳細はこちら

3:月刊ポピー

無駄な付録が一切ないため、月980円〜と激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

4:スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

まずはこちらの記事をどうぞ

1

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

2

4歳年少の娘は第2回10月に英検5級を受験し、合格しました。 我が家が行った英検受験対策の方法をご紹介します。 英検5級に必要な準備 まず、英検5級受験の前に、子供が一定の英語力を持っているか確認が必 ...

no image 3

大分ブログをサボっていました。 バタバタしてました。 最近、年中5歳でスマイルゼミ1年生を始めました。 タブレット型学習オンラインレッスンのはしりで、ベネッセとスマイルゼミは2強ではないかと思います。 ...

no image 4

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

-教育方針
-, , , , ,

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2019 All Rights Reserved.