お受験対策

都内ゆったり系私立小学校へ進学

投稿日:

我が家のお受験は、結局都内のゆったり系私立小学校(一条校)へと決まりました。

プリスクール・インターに通う家庭なら一度は通る「卒業したら小学校はどうしよう問題」ですが、我が家も大変悩みました。

プリスクール通学者の抱える悩み

プリスクール通学者の抱える悩みは大方こんな感じです。

・せっかく身につけた英語を忘れさせたくない
(日本の小学校に通うと、すぐに忘れてしまうのではないかという懸念)

・日本の型にはまった教育を受けさせたくない

・自由な校風を望んでいる

・手厚く見てくれる小学校を望んでいる

・レベルの高い教育を受けさせたいが、日本の小学校に見当たらない

・インターに行くと、日本人としてのアイデンティティが失われるのではないか

・インターに行くと、中学校以降、日本の一条校へ行けないのではないか

・インターに行くと、中学受験で不利になるのではないか

・インターに行くと、日本の教育課程をしないので、学力が下がるのではないか

おそらく、最も多いのが「せっかく身につけた英語を忘れさせたくない(続けたい)」だと思います。

我が家はこれらを何度も何度も検討してきましたが、年長になって「英語に関してはそんなに心配しなくてもよい」ことがわかり、結果インターではなく日本の私立小学校に行くことを選択しました。

我が家がインターではなく私立小学校にした理由

我が家がインターではなく私立小学校にした理由はいくつかあります。

一つは最終ゴールをどこにするかを念頭に、費用面を考慮したこと。
海外大のために、費用温存を選びました。

二つ目は、英語力に関しては我が家の場合、おうち英語でも問題ないことがわかったこと。
これはパルキッズを続けてきた結果がでてきたことが大きいです。
目に見える形で年長になってさらにグンと伸びたので、今後もいけると判断しました。

三つ目は、我が家は中学受験を狙っていないこと。
中学校で私立中高一貫校を狙うよりも、小学校で手厚い私立に行った方がコスト的にも、子供の成長的にも良いと判断しました。
公立小学校にあえてしなかったのは、施設面やクラス数、先生の手厚さを優先したからです。

四つ目は、共働きのため、インターに行って日本の教育面サポートを家庭で行うことと、おうち英語をする労力を比較した場合、前者のほうが時間・労力が大変だと判断したためです。
ここは失敗すると、取り返しのつかないことになるからです。

私立小学校の中でもゆったり系にした理由は、

・中学受験を予定していない
・のんびり系が好み(保護者面でもガツガツしていないところ)
・倍率がそこまで高くない(家庭でのお教室フォローでなんとかなった)
・家からわりと通いやすい場所にあった

などなどです。
あえて絶対この学校がよい!というわけではなく、いくつか見学に行って良いなと思った学校を絞り受けました。
(いわゆる難関校ではないです)

プリスクールに通っているご家庭になにか少しでもご参考になれば幸いです。

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする通信教育リスト

月刊ポピー

無駄な付録が一切ない、月980円〜と激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→スマイルゼミ(幼児)

→スマイルゼミ(小学生)

スタディサプリ

小4〜高3までの授業を見放題。
どんどん先取りしたい家庭に。
我が家も利用中です。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

まずはこちらの記事をどうぞ

no image 1

日本はオワコン・オワコンと言われていても、子育てしていて実感がない方が多いかもしれません。 「公立は不安。だから私立中高一貫校がいいよね」と安易に塾通いしていないでしょうか。 幼児を持つ方なら、「英語 ...

2

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

no image 3

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

no image 4

中国語の子ども向けオンラインレッスンを探している方へ。 娘がしているのは、アメリカネイティブの子どもが行っている、マンダリンレッスンです。日本人にはほとんど知られていません。 ラズキッズ のような電子 ...

-お受験対策

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2020 All Rights Reserved.