教育方針

海外大学を目指すには、中学受験は不要

投稿日:

今後、教育熱心な層の間で、最上級になっていくのが、中学受験→東大・医学部受験ではなく、始めから海外トップ大学を目指すコースです。おそらく、少しずつメジャーになっていくと思います。

海外大学を目指すには、中学受験は不要です。
むしろ、日本の私立一貫校は足枷になります。

中学受験をするにしても、偏差値の高いところではなく、評定平均の取りやすい、かつ自由な校風のところが望ましいです。

海外のアドミッションオフィスは、日本の学校の違いをわからないので、どこの学校であろうがGPAさえ満点を取っていれば
「学校の成績は良い」とみなされます。学校のレベルの違いを考慮されません。

(灘・開成?どこの田舎の学校??東アジアの1学校だよねという認識。)

私たちもそうですよね?インドの学校の名前を言われても「知らんがな」 でしょ?

高校受験をするにしても、トップ高に進学する必要もありません。
大阪の箕面高校が有名ですよね。(3番手くらいの公立学校だったが、力をいれる教員のおかげで、海外大学進学者が激増したとニュースになった)

箕面高校の場合、中学から英語を始めた子が多かったので、そこまでのトップスクール進学者は出なかったようですが、もし幼児期から計画的に英語を伸ばしている子がいた場合、もっと成功すると思われます。

5年後、10年後には、従来の公立私立の学校に通わない海外大受験者が増えてくると予想します。
(親の覚悟と情報収集力によりますが)

日本の英語教育はレベルが低すぎる

日本の英語教育はレベルが低すぎるので、学校や塾に合わせていると英語はできないままです。
中学受験を頑張って、中学高校から頑張ればすぐに英検2級ー準1級はとれるという方、その程度では意味ないです。

え?うちは海外大学目指さないから英語できなくてもいいって?
そんな悠長なこと言ってると、子供が将来路頭に迷う確率99.9%です。親の時代とは違います。(詳しくはこちらの記事で

目を逸らさないで、我が子が英語ができない現実を直視して、今から頑張ったほうがよいです。(日本政府・教育者はそんなこと口が裂けても言おうとしないが)

海外のトップスクールに入るには、小学校の段階で英検1級は最低限として必要です。
TOEFLでいうと80点くらいは最低限必要。でないと、中学の授業についていけないレベル。

そう考えて逆算すると、幼稚園ー小学校1年生の段階で英検準2級ー2級程度は必要になります。

幼稚園卒業までに英検準2級にするとなると・・・プリスクールにトドラーから通わせるか、おうち英語を頑張らないと不可能です。

DWEを検討されてる方・・やめましょうね。英語力高くなりません。さんざん頑張って一番上のキャップを取ってても英語力微妙・・っていう子しか見ないので。

*ここではわかりやすく説明するために、「英検」を書いていますが、英検で本当の英語の実力は反映してませんので注意。

おうち英語・プリスクール出身者でない場合、親が無理やり過去問やドリルをやらせて低学年で英検合格している子が激増しています。その結果、しゃべれない、書けない、読めない低学年英検取得者がわんさかいます。意味ないです。公文英語も無駄。

生粋の日本人がバイリンガルに育てるのは不利

生粋の日本人の子どもを英語バイリンガルに育てるのは、欧米ネイティブ(親がネイティブのハーフを含む)を英語と日本語のバイリンガルに育てるよりも非常に不利だと思います。

欧米の子の日本語がたどたどしくても可愛いなぁ、で終わりますし、日常生活に(欧米人にとっては)支障はないでしょうし、趣味程度の日本語習得でOKですよね。欧米ネイティブ3年生で6年生レベルの和書をスラスラ速読できて、漢字も完璧な子っていないんじゃないかなぁ・・。

ですが、日本人にとって英語ができないと将来死活問題ですからね。
学年相当の洋書が読めるだけでは足りないので、2−3学年上の英語読書は当然していかなければなりません。

日本語は漢字、慣用句、ことわざ、四字熟語、敬語、あいまいな表現などあり非常に難しい!!
読み書きともに難しい言語だと思います。

中国語もしかり。中国人が死ぬほど勉強するのは、漢字があるからなのでしょう。

もし今バイリンガルで、日本語が2−3学年上のレベル、英語がネイティブ同等もしくはそれ以上の実力があるなら、非常に成功しているといえると思います。

海外大学を目指す場合の学習

教育熱心家庭の海外大学を目指す場合の学習はこのような感じです。

・英語は小さい頃からがっつり伸ばす。できて当たり前
・算数は先取り&応用で中受予定者よりできる
 (が、最難関の難問には取り組まない。それよりも数学へ進ませる)
・課外活動(習い事を含む)を計画的に取り組む
・国語(日本語)を何学年先のレベルで取り組む。
・読書家に育てる
・探求・遊び重視
・第3外国語習得
・プレゼン・スピーチ
・プログラミング、ロボティクスは当然取り組む

我が家は地道に計画的に行っています。

ただ、華々しさはないですよ。
中受だとクラス分けだの模試だの、御三家に合格しただので、親の苦労が形となり報われる機会が早めにありますが、このコースの場合、最後の最後まで目立たないです。
周りからも、中受をしないので、のんびりした家庭だと思われますww

塾習い事は、幼児期はかけた額だけのリターンが大きいので多めでしたが、小学生から減らしています。
家庭でできないものを厳選して習い事をしています。勉強系はスタディサプリなど、コロナもあるため通学なしのものに。

あとは、日本の既存の学習にとらわれないこと。
ドリル、塾、習い事、通信教育しかり、日本発のものしか見ていないと、取り残されます。

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする通信教育リスト

月刊ポピー

無駄な付録が一切ない、月980円〜と激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→スマイルゼミ(幼児)

→スマイルゼミ(小学生)

スタディサプリ

小4〜高3までの授業を見放題。
どんどん先取りしたい家庭に。
我が家も利用中です。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

まずはこちらの記事をどうぞ

no image 1

日本はオワコン・オワコンと言われていても、子育てしていて実感がない方が多いかもしれません。 「公立は不安。だから私立中高一貫校がいいよね」と安易に塾通いしていないでしょうか。 幼児を持つ方なら、「英語 ...

2

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

3

4歳年少の娘は第2回10月に英検5級を受験し、合格しました。 我が家が行った英検受験対策の方法をご紹介します。 英検5級に必要な準備 まず、英検5級受験の前に、子供が一定の英語力を持っているか確認が必 ...

no image 4

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

-教育方針

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2020 All Rights Reserved.