発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

教育方針

早期英語教育が悪だという議論は不毛

投稿日:

最近、テレビやWEBメディアで早期英語教育は意味がない、という意見をよく見かけます。

早期英語教育=悪 という議論は不毛だと私は思っているのですが、早期英語教育反対派は大体このような意見をいっています。

1)子供はどうせ忘れるから、早くからしても意味がない
2)母国語(日本語)の習得が何より大事
3)英語ばかりしても意味がない、算数や生きる力が大事
4)中学からしても私は英語が習得できた。だから中学から始めるので十分だ。

それでは、一つ一つみていきたいと思います。

1)子供はどうせ忘れるから、早くからしても意味がない

早期英語教育を行っても、英語から離れるとすぐに忘れてしまうという意見です。

確かにそうでしょう。

では、小学校にあがっても英語を続ければよいだけの話ですね。

教育熱心な親は、覚悟を決めて、小学校以降どうするかも考え計画的に英語教育を行っています。

2)母国語(日本語)の習得が何より大事

その通りです。

日本語力が高いと英語力も高まります。

4歳娘も1歳代から絵本読み聞かせを毎日大量に行ってきました。
現在ではひらがなカタカナすべて文章として書けます。小学校1年生レベルの漢字はすべて読めます。
ことわざも理解しています。

日本の行事も丁寧に体験させています。

早期英語教育を本気で行っている親は、日本語強化も当然行っています。

3)英語ばかりしても意味がない、算数や生きる力が大事

当然です。英語ばかりしていたらダブルリミテッド(どちらも中途半端)になるという意見は多いですね。

しかし、教育熱心な親は英語育児ばかり行っているわけではないです。
中にはインターナショナルスクールにいれっぱなしor帰国子女で、中身がないといわれる日本人もいるようですが、熱心な親はダブルリミテッドになるリスクなど百も承知です。

むしろそうならないために、真剣にその他の学習、自然体験、実体験も計画的に熱心に行っています。

4)中学からしても私は英語が習得できた。だから中学からで始めるので十分だ。

この「英語が習得できた」というのはどのレベルを指すのでしょうか。

英会話ができる程度であれば、求めているレベルでは全くありません。英検1級ですか?TOEIC990点ですか?TOEFL IBT 100点以上ですか?
いやいや。
日本語ができても、教養のない日本人はたくさんいます。それと同じで、単に英語が話せても中身がなければ意味がありません。

知的レベルの高い会話を英語圏の大学生・社会人と議論できなければ、今後グローバル社会で生き抜くためには何の意味もありません。
英語圏のウィットに富んだ会話やジョークも理解できなければなりません。

中学から英語を学び始めて、高度な話を発音も流暢にネイティブと議論できるレベルに達するとは到底思いません。

早期英語教育とはどのような教育を指すのか

そもそも、早期英語教育が害があるのか議論されるとき、どのような教育を指すのか全く定義されていません。

早期英語教育といっても、週何回どれくらいの時間を英語に触れさせるのかによっても結果が全く違うと思います。

・週1英会話教室に1時間程度いくだけ

・週1英会話教室+家庭でDWEをちょろっとする

・週5回家庭でDWEを2時間ずつ行う

・週3回プリスクールに5時間預ける

・週5回プリスクールに8時間預ける(預けっぱなしで家庭フォローはなし)

・週5回プリスクール+家庭で英語YOUTUBE+ラズキッズ+パルキッズなど様々なフォロー

これだけでも、全く英語環境が異なることがわかると思います。

どれくらい英語に触れさせたかによって、どのような効果がでたのか、そして日本語習得への悪影響がでたのかどうか、長期にわたって調査された統計は一切ありません。
皆、「自称教育者のコメンテーター」が自分の意見を話しているだけです。

そして、もし統計をとろうとしても、それぞれの家庭には「教育熱心な家庭かどうか」のバイアスもかかります。

当然、週5回プリスクール+家庭フォローありのほうが、教育熱心ですし、経済力も高いことがわかります。
そういう家庭は、日本語力や算数・実体験など様々な学習を熱心にしている率も高くなります。

ですので、早期英語教育が悪だという議論はそもそも不毛ではないでしょうか。

そんな議論をする方々こそ、

・自分が英語を習得できなかったコンプレックスがある

・早期英語教育をしている教育熱心な親(経済力が高い親)に対してのやっかみ

があるのではないでしょうか。

そのような議論は、もはやすること自体が時代遅れで、これからは「どのような英語教育を日本がしていくべきか」に焦点を置かないと、ますます世界から時代遅れ国として置いてけぼりにされてしまうでしょう。

熱心な親は気づいています。日本の教育がオワコンだということを。
そして、富裕層はこっそり海外に子弟を低年齢で留学させているのです。

留学させる経済力のない家庭はどうすればよいのでしょうか。
ここでも情報格差=教育格差が生まれてくるでしょう・・・。

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする幼児教育リスト

1:平均IQ140のベビーパーク

家庭保育園と七田式の良いとこどりしたカリキュラム。
賢い子供を育てたい家庭がこぞって通っています。0歳ー3歳対象。
WEBからだと、通常のレッスンを無料体験可能です。
→詳細はこちら

2:3歳~8歳のキッズアカデミー

難関校中学受験を目指す家庭が多く通う。3歳以上対象。
WEBからだと無料体験可能です。
→詳細はこちら

3:月刊ポピー

無駄な付録が一切ないため、月980円〜と激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

4:スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

まずはこちらの記事をどうぞ

1

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

2

4歳年少の娘は第2回10月に英検5級を受験し、合格しました。 我が家が行った英検受験対策の方法をご紹介します。 英検5級に必要な準備 まず、英検5級受験の前に、子供が一定の英語力を持っているか確認が必 ...

no image 3

大分ブログをサボっていました。 バタバタしてました。 最近、年中5歳でスマイルゼミ1年生を始めました。 タブレット型学習オンラインレッスンのはしりで、ベネッセとスマイルゼミは2強ではないかと思います。 ...

no image 4

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

-教育方針
-

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2019 All Rights Reserved.