英語育児

おうち英語の基本まとめ

投稿日:

おうち英語の基本まとめ

おうち英語のやり方ってもう基本が決まってるのですが、まだまだ悩める親御さんが多いようなので、ここに簡略化してまとめます。アレコレみる必要ないよ。

だいたいどこのおうち英語家庭も枝派はあれど、基本の筋 みたいなところは一緒です。
大量インプットメインからのアウトプット。

未就学児の親御さんは参考にしてくださいね。

0歳ー5歳 大量インプットの時期

とりあえず、0−2歳の間はかけ流しをメインに

・音源かけ流し(0歳〜) 一番大事!
   最低90分〜一日中の家庭も。アレクサやiphoneなどで自動化するとgood、0-1歳は耳からメインがおすすめ
   理解度にあった生活言語から(パルキッズが選ばなくていいから楽)

・youtube動画視聴
  年齢・理解度にあったものがベスト
  おやつ的に。スクリーンタイムに注意

・英語語りかけ なくてもいい
  親がネイティブ並みの発音、英語力がある場合のみオススメ。
  英語ができない親、発音下手な親はオススメしない。←量が多いと、マジで発音悪くなる。変な文法覚える。

・フォニックス
   アプリで十分対応可能(無料のカーンアカデミーキッズ等)
   急いでやる必要ない

・サイトワード
   自力読みの練習のために、4歳−6歳以降から行う取り組み
   フラッシュカードやそれ用の絵本がある

・絵本読み聞かせ
   音源つきのもの推奨 ORT、パルキッズ等
   親の読み聞かせは、上記同様、発音下手な場合は必須ではない

4−6歳 絵本のひろい読み、自力読み開始時期

  準備ができた子からスタート 個人差大きい

上記取り組みに加えて

・読書
  音源つきリーダーで自力読み練習(ORC、ラズキッズなど)
     ↓
  うすいリーダーの自力読み
     ↓
   アーリーチャプター本からチャプター本へ
      まずは100万語目標へ

・アウトプットとしてオンライン英会話等利用
    十分なインプットが溜まった子でないと、効果低
    指示が聞ける年齢になってからがおすすめ

外注:教室、プリスクール、塾について

予算により外注を適宜行うと効果的。幼児期はアウトプットの機会として捉える。

*共働きなら無償化利用してプリスクールのほうが認可保育園より安いか、あまり変わらないことも。

・プリスクール

・フィリピンオンライン英会話
   
・海外オンラインクラス

・サマースクール、単発イベント

など

おうち英語をして日本語力は落ちないのか?問題

おうち英語程度では落ちない。
早期英語に対するネガティブな意見はガン無視してOK(大概、本人の英語コンプレックスからきていたり、すでに大きくなった子の親の嫉妬、古いやり方してる英語教室の昭和な意見)

プリスクールに入れる場合は、日本語力アップの取り組みを意識的にやる。

プリスクールに入れない場合も、日本語力アップの取り組みは強く推奨。

小学生以降は英語をどうすべきか問題

おうち英語の情報は、小学生以降になると極端に少ない、というかほぼない。

(国算英を伸ばして成果を出してる親が少ないのと、母数が減っている)

小学生以降は、アカデミックな取り組みが必須。(詳細はPDFに書いてる。)

上記の取り組みだとスピーキング「は」できるけど、実はライティング力も思考力もついていないことに気づかないおうち英語の親多し。(ペラペラなことに満足しているだけ)

私はどうすればいい?という方

子供の将来をどう考えているのか、日本の未来・世界をみること。
20年後の未来、子供達はどう生きているか?を想像すること。

親が受けてきた教育は通用しない。みんなと同じな思考はレミングス状態。

目標をどこに置くのか、曖昧な目標からは曖昧な結果しか生まれない。

いちいち誰かに聞いて正解を確認しないと不安なのか、我が子のために基本の情報を得て試行錯誤してPDCAを回せるのかで結果は変わってくる。

それらをもとに、わが子にどのようなおうち英語を行なっていくのか、どのような教育を受けさせていくのか、家庭で考えることが大事。

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

おうち英語ノウハウはもちろん、日本語英語ともにハイレベルに伸ばし、思考力がある「賢い子」を育てるための家庭での取り組み、日英高度バイリンガルにする小学生以降のアカデミックな伸ばし方等を書いたedu-mama特製PDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

<edu-mama特製PDF内容(46ページ 約30000字)>
・おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法
・年齢別未就学児時代の取り組み
・最小限の労力でいけるおすすめの動画、知育おもちゃ、ドリル、教材
・プリスクール・おうち英語のみ・小学校受験・中学受験・公立中→高受別の
 おうち英語の取り組み
・プリスクールを選ぶポイント
・日本語・英語ともにハイレベルな高度バイリンガルを育成するための
 小学生以降のアカデミックな伸ばし方
・英語偏重っ子・インター生注意!日本語を高度に伸ばす取り組み法
・英検準1を楽勝にとれる、読むべき英語洋書リスト
・オンライン英語クラスの取り方と使いこなし法
・おうち英語っ子のための英検対策
・おうち英語っ子が陥りがちな「語彙の少なさ」を防ぐ vocabularyトレーニング
・おうち英語っ子が誰もできていない、アカデミックライティング力の伸ばし方
・日本で受講できる、海外オンラインスクール情報
・海外オンラインクラス(習い事から塾まで)の情報
・オンラインチューター(無料・有料)リスト

・99%のおうち英語家庭が知らない 英語で学ぶ!科目別お役立ち海外サイト
・教材リスト
  

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする通信教育リスト

月刊ポピー

無駄な付録が一切ない、激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→スマイルゼミ(幼児)

→スマイルゼミ(小学生)

スタディサプリ

小4〜高3までの授業を見放題。
どんどん先取りしたい家庭に。
我が家も利用中です。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

まずはこちらの記事をどうぞ

no image 1

日本はオワコン・オワコンと言われていても、子育てしていて実感がない方が多いかもしれません。 「公立は不安。だから私立中高一貫校がいいよね」と安易に塾通いしていないでしょうか。 幼児を持つ方なら、「英語 ...

2

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

no image 3

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

no image 4

中国語の子ども向けオンラインレッスンを探している方へ。 娘がしているのは、アメリカネイティブの子どもが行っている、マンダリンレッスンです。日本人にはほとんど知られていません。 ラズキッズ のような電子 ...

-英語育児

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2023 All Rights Reserved.