教育方針

親が語りかける「おうち英語」をしない理由

更新日:

早期英語教育家庭では、0歳のときから「おうち英語」をしている家庭が多いですよね。

我が家では、理由があって、一部の「おうち英語」は実践していますが、親が英語で語りかける類の「おうち英語」は一切行なっていません。

その理由を説明します。

1)親の発音がよくないから

おうち英語=英語での語りかけをしない1番の理由が、親の発音が悪いからです。

夫婦とも英会話はできるものの、ジャパニーズイングリッシュに毛が生えた程度であるため。積極的に英語で話しかけはしてきませんでした。

最近は、子どものほうから「English only please!」と話しかけられ、仕方なく英語で応対する、ということはありますが・・(汗)

2)掛け流しの音声が充実しているから

最近は、英語掛け流しのCDやyoutube、ラズキッズなどネイティブの音声が充実してきました。

ですので、ネイティブ音源に困ることはほぼないため、ネイティブの音声をシャワーのように流しています。
そのおかげか、ジャパニーズイングリッシュに偏りがちなプリスクールの中で、綺麗な発音を保っているようです。

3)ライティングなどはホームティーチャーを利用

英語のライティングなど、ワークブックはがっつり外国人ホームティーチャーに外注しておまかせしています。

プリスクールに通いながらホームティーチャーをつけるのは、海外ではごくごく普通のことのようです。
現在は、K1(年少)ですが。G2レベルのワークブックを使用しています。

4)日本語を徹底的に鍛えたいから

4つ目の理由が、中途半端に親が英語を話すより、徹底的に母国語である日本語を鍛えたいからです。
英語を伸ばすには、まず母国語を伸ばす必要がある、という考えからです。

英語はプリスクールとホームティーチャーにほぼお任せするとして、日本語は絵本多読やくもん、その他学習で意図して伸ばすようにしてきました。

そのかいあって、プリスクール生でも日本語に劣ることは全くなく、日本の幼稚園生と比較しても高い語彙力があります。

世間では、親が語りかける英語文例の本がよく売れていますし、週1の英語教室やDWE利用者が多いようです。
しかし、やはり本気で英語のバイリンガルにしたいのであれば、その程度では到底無理だと思います。

覚悟を決めて、がっつり親がやる。
もしくは、お金をかけて外注する。
またはその両方。

それらをしてやっとネイティブor帰国子女に近づけるかどうか。

なおかつ、それに加えて20年後生き抜くために、プログラミングや数学センス、基礎学力、スポーツ、音楽も伸ばさなければなりませんから・・・

恐ろしい時代になったものです。

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする通信教育リスト

月刊ポピー

無駄な付録が一切ない、月980円〜と激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→スマイルゼミ(幼児)

→スマイルゼミ(小学生)

スタディサプリ

小4〜高3までの授業を見放題。
どんどん先取りしたい家庭に。
我が家も利用中です。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

まずはこちらの記事をどうぞ

no image 1

日本はオワコン・オワコンと言われていても、子育てしていて実感がない方が多いかもしれません。 「公立は不安。だから私立中高一貫校がいいよね」と安易に塾通いしていないでしょうか。 幼児を持つ方なら、「英語 ...

2

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

no image 3

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

no image 4

中国語の子ども向けオンラインレッスンを探している方へ。 娘がしているのは、アメリカネイティブの子どもが行っている、マンダリンレッスンです。日本人にはほとんど知られていません。 ラズキッズ のような電子 ...

-教育方針
-, ,

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2020 All Rights Reserved.