教育方針 日常の話

本屋に足を運んで情報収集してますか 都市田舎の教育格差

投稿日:

何でもネットで情報収集できる時代です。

ドリルや教育本など、アマゾンで購入される方も多いでしょう。

だれかがSNSで勧めていたから

有名教育ママが勧めていたから

我が子に合うかどうかわからないけど、とりあえずアマゾンポチっとしてませんか?

あれもこれも、

ああ、これもさせなきゃ!

と振り回されていたら、ちょっと情報収集下手です。

ドリルは数をこなせばいいわけではありません。

親世代より遥かに忙しい子どもたち。

何冊もやらせる時間はありません。効率よく質の高い学習が必要です。

何がわかっていて、どこにつまづいているか。

我が子の得意不得意は何か。興味は?

それに合わせて、中身を見た上で書籍選定の必要があります。

本屋に足を運びましょう

本屋に足を運ぶと、まだSNSでも紹介されていない新刊が続々と出ています。

例えば、四字熟語、ことわざならちびまる子かドラえもんと言われてますが、幼児〜低学年ならもっと理解しやすく、効率よく覚えられる本が昨年出ています。

近年は教育学習系ドリルが花盛り!

教育熱心な親が増えたのか、中受熱が高まっているからなのかはわかりませんが、ここ数年で教育書籍が大量に出版されていると感じます。

語彙力アップ系ドリルが取り沙汰されれば、各社競いあって語彙力ドリルを出版。

歴史マンガがよいと言われば、各アニメキャラクターの歴史マンガを各社出版。

●●先生監修ドリルはアメーバのように増殖。

佐藤ママがるるぶがよいといえば、即地図ムックをるるぶが出版→マネして別各社も出版。

こんな感じに、様々なドリル、学習書籍が出版されています笑

今のドリルは工夫されていて、本当にわかりやすいものが多いです。昔は字も詰まっていたし、読みにくかったですよね〜。

教育熱心地域の都市部大型本屋の品揃えは凄いです。ぜひ本屋に足を運んでみてください。

おうち英語ならDWEよりパルキッズ一択しかない

我が家はおうち英語はありとあらゆる情報を集め、パルキッズに決めました。
おうち英語ならDWEではなくパルキッズ一択!な理由を解説しています。

「おうち英語で高い英語力&日本語力をつける毎日の取り組み方法」についてまとめたPDF(非公表)のプレゼントも記事後半に書いています。

→パルキッズ一択な理由へ

地頭を賢くする幼児教育リスト

1:平均IQ140のベビーパーク

家庭保育園と七田式の良いとこどりしたカリキュラム。
賢い子供を育てたい家庭がこぞって通っています。0歳ー3歳対象。
WEBからだと、通常のレッスンを無料体験可能です。
→詳細はこちら

2:3歳~8歳のキッズアカデミー

難関校中学受験を目指す家庭が多く通う。3歳以上対象。
WEBからだと無料体験可能です。
→詳細はこちら

3:月刊ポピー

無駄な付録が一切ないため、月980円〜と激安の通信教育。
教科書に準拠し小学校の先取りが可能です。
→詳細はこちら

4:スマイルゼミ

タブレット教材ならこれがベスト。
幼児コースも開始。全教科先取り可能。
→詳細はこちら

↓記事が気に入られたら、シェアしていただけると嬉しいです。

↓ほかの教育熱心なママさんのブログはこちらから。

にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養

発達障害や多動で悩まれている方、子どもを賢くしたい方は、この記事をしっかり読んで見られてください。
(特に男の子ママ)

→発達障害・多動が改善し頭を賢くする栄養サプリ

まずはこちらの記事をどうぞ

1

娘は2歳からプリスクールに週5日通っています。 かつ、英語力の補強のために、家庭でもおうち英語育児をやっています。 我が家では3歳半からパルキッズキンダーを始めました。 おうち英語ならDWEではなくパ ...

2

4歳年少の娘は第2回10月に英検5級を受験し、合格しました。 我が家が行った英検受験対策の方法をご紹介します。 英検5級に必要な準備 まず、英検5級受験の前に、子供が一定の英語力を持っているか確認が必 ...

no image 3

大分ブログをサボっていました。 バタバタしてました。 最近、年中5歳でスマイルゼミ1年生を始めました。 タブレット型学習オンラインレッスンのはしりで、ベネッセとスマイルゼミは2強ではないかと思います。 ...

no image 4

発達障害や多動の子で悩まれている方は、この記事をしっかり読んで見られてください。 頭を賢くする栄養素なら、精神科の藤川徳美先生が発信しているfacebook情報に詳しく載っています。 母親で鉄不足なら ...

-教育方針, 日常の話

Copyright© 理系に強いマルチリンガルを育てるブログ , 2020 All Rights Reserved.